Allez au contenu, Allez à la navigation, Allez à la recherche, Change language

  • Applications

ホーム > デイリーレポート

デイリーニュース 2011

前へ
5月 11
  • Actualités
  • Vidéos
  • Photos
  • Audios

第64回 カンヌ映画祭オープニングセレモニー

11.05.2011  12:00 AM - Updated on 01.03.2012 at 5:26 PM

『 Declaro il Festivale di Cannes aperto. ここにカンヌ映画祭の開幕を宣言いたします。』今年はBernardo Bertolucciによりカンヌ映画祭が開幕しました。このイタリア人監督は審査員とセレモニーの長であるMélanie Laurentの隣席のもと、ジル ジャコブの手によりパルムドール ドヌールを授かりました。


『今宵、私は皆様を前にしており、ここから見ると映画とは素晴らしいものです。』
この言葉により、Robert de Niroを議長にグランテアトルリュミエールの舞台にMélanie Laurentは審査員を受け入れました。その隣にはUma Thurmanや Martina Gusman、香港出身のプロデューサーNansun Shi、作家のLinn Ulmann同様にJude Lawや監督のJohnnie To、 Olivier Assayasや Mahamat Saleh Harounが参列していました。

若いフランス人女優は言いました。:『俳優という言葉を辞書で引くと、Robert de Niroと書かれています。皆様、ご覧ください。』このとき、グランテアトルリュミエールでRobert de Niroの最高に美しい演技のモンタージュが現れました。『Heat』、『 Le Parrain』や『 A Bronx Tale』、もちろん『You're taking to me ?』も忘れてはなりません。やっとRobert de Niroが舞台にあがるとフランス語でこう言いました。:『第64回カンヌ映画祭の審査委員長としてのお招き、ありがとうございます。良い仕事ができれば幸いです。重ねて御礼申し上げます。』

Un Robert de Niroと彼の出身地に対するオマージュがJamie Cullumの音楽で初めて捧げられました。ジャズマンがFrank Sinatraの『New-York New-York』やAlicia Keysの『NewYork』のメドレーを出身地と彼の主催するトライベッカ映画祭のために演奏しました。セレモニーの終わりにパルムドールドヌールがBernardo Bertolucciに授与されました。『私はこの名誉をWoody Allen監督 と Bobby de Niroへ捧げたいと思います。そしてまた闘い、批評し、憤る勇気のあるイタリア人にも捧げたいです。』Bernardo Bertolucciが受賞したこのパルムはこれからも毎年、カンヌ映画祭の開幕に授与されることになるでしょう。

 

T.K.
 

年を選択

日を選択

       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Nous suivre