Allez au contenu, Allez à la navigation, Allez à la recherche, Change language

  • Applications

ホーム > デイリーレポート

デイリーニュース 2011

5月 18
  • Actualités
  • Vidéos
  • Photos
  • Audios

Xavier Durringer監督 「政治家はピストルでなく、短い言葉で自害する」

18.05.2011  12:00 AM - Updated on 19.05.2011 at 9:57 AM

非コンペティション部門に選ばれた長編『 The Conquest 』の上映のため、監督が現れました。同席者は俳優のHippolyte Girardot、Samuel Labarthe、Bernard Lecoq、Denis Podalydès、Florence Pernel、脚本家のPatrick Rottman, 作曲家のNicolas Piovani、プロデューサーのEricとNicolas Altmeyerです。

 


Eric Altmeyer、企画の発端について:
「アングロ サクソン系をモデルにした政治的な作品を作りたいと考えた時、ニコラ サルコジの物語ほど象徴的なものはありませんでした」


Xavier Durringer、大統領の人物像について
「重い映画ではありません。大統領は人間的に描かれています。誰でもいくつもの異なったピースからできており、この複雑さを理解しなければなりません」


Denis Podalydès、役柄について
「私はニコラ サルコジ大統領と親しくありません。アルパゴンやハムレットと同じように役柄と向き合いました」


Xavier Durringer、監督としての狙い
 「ドキュメンタリーを撮影しようとしたわけではなく、現実と同じ要素を描き直そうとしました。映画とは現実を錬金術のように加工することです。(…)私が発展させたかったのは2つの軸です。まず演劇的な軸で、特に政治の世界の言語を永続的に表現するものです。ふたつ目の軸はフィルムノワールのものです。政治家はピストルでなく、短い言葉で自害するのだと気づきました」
 「これは一方で政治家が何を約束し、今何を行ったか覚えておく手段でもあります。何しろ本作は、大統領選挙前の2002年~2007年を描いているのですから」

 


編集N. S.


 

オーディオ

年を選択

日を選択

       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Nous suivre